セキュリティ

セキュリティの重要性を認識しよう。

ビットコインを利用すると、相手が世界のどこにいても簡単に取引の決済が行え、資産を思い通りに運用できます。しかしこうした利点を享受するにはセキュリティ上の責任も伴います。ビットコインは正しい方法で取り扱いさえすれば、とても高いレベルで資産の安全を守る事が出来ます。自分の資産を正しい方法で取り扱い、保護することは、皆さん自身の責務です。そのことを常に頭に置いておいてください。

ビットコインのセキュリティ

ビットコインをオンライン状態で保管しないようにしよう。

ビットコインをオンライン状態で保管するようにしているサービスには注意が必要です。これまで多数の取引所やオンラインウォレットが不正アクセスの被害にあっていますが、そうしたサービスで十分な保証対策や安全対策を導入しているところは、いまだにほとんどありません。そうしたサービスは銀行のようにお金を預ける場所としては使うべきではありません。デジタル通貨を取引所やオンラインサービスに預けておくのはやめた方が得策です。ビットコインは自分で保管するようにしてください。何らかの理由でどうしてもビットコインを取引所に預けておかなければならない場合、必ず二要素認証を有効にしておいてください。そうしておくと口座が二重のセキュリティで守られるので、あなたの口座はハッキングの被害に何倍もあいにくくなります。しかし二要素認証を有効にしていても取引所自体がハッキングに合ってしまえばビットコインは失われてしまいますので、出来る限りオンライン状態で保管しない方が安全です。

bitcoin-offline

普段使いにはモバイルウォレットを使おう。

普段使い用の少額のビットコインはモバイルウォレットかデスクトップウォレットに保管しておくことができます。これらはいずれも安全なソリューションですが、多額のビットコインの保管にはおすすめできません。毎日持ち歩く財布のようなものだと考えてください。その日に使う分の金額を入れておくことはできますが、毎日持ち歩く財布に大量のお金を入れておく人はまずいないでしょう。
ビットコインのモバイルウォレットはこちら

ビットコインモバイルウォレットイメージ

多額の保管にはハードウェアウォレットを使おう。

ハードウェアウォレットはセキュリティの高さと使いやすさのバランスが程よくとれています。当初からウォレットとして作られた小型端末で、他に用途はありません。サードパーティ製のソフトウェアはインストールできませんので、コンピュータの脆弱性を利用して侵入されたりオンライン盗難にあったりする心配はほぼありません。多額のビットコインの保管場所として最適です。ハードウェアウォレットを利用し、ビットコインを必要に応じてモバイルウォレットに移動したり、取引することも簡単にできます。

ビットコイン ハードウェアウォレットイメージ

常にバックアップを取ろう。

モバイルウォレット、デスクトップウォレット、ハードウェアウォレットには初期設定の際にリカバリーフレーズという言葉が表示されます。これはウォレットのバックアップとして使用するもので、携帯電話を落としたり、コンピュータが故障したり、ハードウェアウォレットを紛失した場合、新しいものを入手してこの言葉を入力するとウォレットが復元できるようになっています。リカバリーフレーズが表示されたら、必ず紙に書き写してください。携帯電話やコンピュータ上に保管してはいけません。コンピュータはハッキングできますが、紙はできないからです。またリカバリーフレーズを入手した人物は誰でもそのウォレットの中身を使うことができますので、カメラがある場所や他の人に見られる可能性のある場所には放置しないでください。貸金庫にリカバリーフレーズを保管している人もいます。

ビットコイン バックアップ

リカバリーフレーズとは?

ビットコインのウォレットはリカバリーフレーズで保護されています。これはビットコインの基幹概念で、これがあるとどの端末からでも、世界のどこからでもウォレットを復元することができます。リカバリーフレーズは一連の言葉から成っていて、その数は通常、12か24です。
※ご使用のウォレットの設定によってリカバリーフレーズは英語の場合もあります。

以下はその一例です。

  • ながい そむりえ みりょく のらいぬ
  • だっこ あわてる いちぶ しはつ
  • おそらく はんぺん ねんざ さくら

これでは十分でないようにも思えますが、12個の言葉の組み合わせは無数にあるので、偶然誰かが同じ言葉の組み合わせを作る事は統計学的に不可能と言えます。

また、リカバリーフレーズがあればウォレットの中身の復元が自由にできます。つまり、リカバリーフレーズが誰かの手に渡ったら、その人物は皆さんのビットコインを自由に使える事になりますから、リカバリーフレーズは誰にも見せないようにしてください。

リカバリーフレーズ保存の高度なテクニック

リカバリーフレーズを安全に保存するために使われるテクニックです。12語の言葉を4語ずつ3セットに分けて記録します。こうすると誰かに1セット見られても、1セットだけでリカバリーフレーズを再現されることはありませんし、逆に残りの2セットを持っていればリカバリーフレーズを再現することができます。

まず12語を4語ずつ3セットに分け、それぞれA、B、Cとします。

  • A : ながい そむりえ みりょく のらいぬ
  • B : だっこ あわてる いちぶ しはつ
  • C : おそらく はんぺん ねんざ さくら

次にこの3セットを3通りに組み合わせて、以下のように紙に書きます。

1枚目の紙 : AとB
  • A : ながい そむりえ みりょく のらいぬ
  • B : だっこ あわてる いちぶ しはつ
2枚目の紙 : BとC
  • B : だっこ あわてる いちぶ しはつ
  • C : おそらく はんぺん ねんざ さくら
3枚目の紙 : AとC
  • A : ながい そむりえ みりょく のらいぬ
  • C : おそらく はんぺん ねんざ さくら

こうしておくと、たとえ3枚の紙のうち1枚を紛失しても、2枚あればウォレットを復元できます。1枚を誰かに見られても、もう一枚を見られる事さえ無ければ、その人物がウォレットの中身を盗むことはできません。例えば1枚を自宅に置いておき、1枚を実家の母親に預け、もう1枚を離れて暮らす兄弟などに預けておけば、もしご自宅が火事になって1枚無くなっても、残りの2枚を使ってウォレットを復元することができます。