SLPトークンを気軽に作れるElectron Cash Wallet

前回のブログエントリーで、SLPトークンを気軽に扱えるBadger Walletをご紹介しました。今回のブログでは、誰でもSLPトークンを作る事のできるElectron Cash Walletをご紹介します。誰でも自分の思い通りのコインを発行できるElectron Cash Walletでたくさんのトークンが作られており、コミュニティ上でシェアされています。今の所Electron Cash SLPエディションはデスクトップ版のみの対応です。

それではSLPトークンの作り方です。

下のURLからElectron Cash WalletのSLPエディションの最新版をダウンロードします。https://electroncash.org/#slp

Windows版はexeファイルをMAC版はdmgファイルをダウンロードします。

electroncashinstaller
Windowsをご利用の方はexeファイルをMacintoshの方はdmgファイルをダウンロードします。

ダウンロードが終わったら、インストールを行います。

インストールできたらアプリケーションを起動します。

ここはAutoを選択
ウォレットの名前を決めます。特に希望がなければデフォルトのままで構いません。
Standard walletを選択
Create a new seedを選択

ウォレットができたら、次にSLPトークンを発行したり、送ったりするために必要な少量のBCHをウォレットに送ります。

Electron Cash WalletでBCHを受け取るには[Receive]タブを押してQRコードを表示させます。Electron Cash Walletでは”CashAddr”と”Legacy”と”SLP”の三つのアドレスを表示する事が出来ます。

表示するQRコードの変更はわかりにくいのですが、右下の丸い回転する矢印のマークのボタンになります。このボタンを押すごとに青、緑、グレーとボタンの色が変わり、それぞれ”CashAddr”、”SLP”、”Legacy”とQRコードが変更されます。

赤ワクで囲ったボタンを押す事で”CashAddr”、”SLP”、”Legacy”と表示アドレスの変更を行う事が出来る。

BCHを受け取る際は”CashAddr”か”Legacy”を表示して下さい。手数料はデフォルトで1sat/byteに設定されていますので、数十円程度のBCHを送れば十分です。BCHをElectron Cash Walletに送ったらブロックチェーンへの書き込み確認が完了するまで、10分程度待ちます。

SLPトークンを発行

ブロックチェーンへの書き込み確認が完了するとSLPトークンを発行する事が可能になります。[Tokens]タブを開き[Create New Token]をクリックします。

Tokensタブから[Create New Token]ボタンをクリック

ポップアップ画面が開きます。

この画面でトークンの設定を行います(optional) と書かれているものは必須ではありません。

入力する内容は次の通りです。

[Token Name(optional) ]: ここにはトークンの名前を入力します。(必須ではありません。)

[Ticker Symbol (optional)]: ここにはトークンのシンボル名を入力します。シンボル名はBitcoin CashをBCHと表現するように通常はトークンの名前を短縮したものです。(必須ではありません。)

[Document URL or contact email (optional)]: ここには連絡用のメールアドレスやウェブサイトのURLを記入します。(上級者向け)(必須ではありません。)

[Document Hash(optional)]:上のDocument URL or contact emailで入力したアドレス等のデジタル署名を行いたい場合はハッシュを入力します。(上級者向け)(必須ではありません。)

[Decimal Places]: 小数点以下を何桁まで分割可能にするかの設定です。

[Token Quantitiy]: トークンの発行枚数を入力します。

[Token Receiver Address]: 発行されたトークンを受け取るSLPアドレスです。ここにはご自身のSLPアドレスが最初から入力されているはずです。

[Fixed Supply]:発行上限枚数を設定する時はこのチェックマークを有効にします。

[Upload a Token Document]:トークンにアイコン等のファイルを添付したい場合に使います。ファイルはBitcoin Files Protocolを利用してブロックチェーンにアップロードされます。(上級者向け)(必須ではありません。)

(Optinal)と書かれている項目は設定しなくても構いませんが、トークン名ティッカーシンボルはご自身の好きな名前をつけてみて下さい。全ての設定が終わったら[Create New Token]ボタンをクリックします。これでトークンを作る事が出来ます。トークンを作る際に際に極少額のネットワーク利用手数料がかかります。Electron Cash WalletにBCHが入っていないと作れませんので、数十円程度のBCHを入金しておいてください。

SLPトークンをSLP対応ウォレットに送ってみる。

これでオリジナルのSLPトークンを作る事が出来ました。次にこのトークンをBadger Walletなどの他のSLP対応ウォレットに送ってみましょう。

Electron Cash Walletの[Send]タブを選択します。

[Pay to] に送信先のSLPアドレスを入力します。友人のSLP対応ウォレットのSLPアドレスやご自身のBadger WalletのSLPアドレス等を入力してください。[Token Type]ドロップダウンから送信するトークンの種類を選択します。ここに先ほど作ったトークンが表示されている筈です。[Amount]で送金する額を指定します。100枚送りたい場合は100と入力します。[Fee]は最低で構いません。デフォルトは1sat/byteになっています。後は[Send]ボタンを押すだけです。

ウォレットのバックアップ

ウォレットのバックアップはメニューバーの[Wallet]から[Seed]を選択すると、リカバリーフレーズを表示する事が出来ます。リカバリーフレーズを紙などに書き写しておいて下さい。

リカバリーフレーズはメニュー>[Wallet]>[Seed]で表示出来る。
2019年3月6日(水曜日)