SLPトークンを気軽に扱えるBadger Wallet

BCHの開発者達はBCH誕生以来、BCHトークンエコシステムを活性化させる為に多くの時間を費やしてきました。最近その成果が徐々に現れ始めており、BCHブロックチェーンを利用したSimple Ledger Protocol (SLP) トークンをサポートするウォレットのベータ版が登場し、SLPの利用がますます広がっています。

数ヶ月前にソーシャルメディアアプリケーションのHonest CashがBCHブロックチェーン上に独自トークンを発行し話題となりました。SLPを利用したトークンはシンプルで手軽に発行できる事が魅力です。最近ではVote (VOTE)、 Falcon (FLC)、 Official SLP Token (SLP)、 Berniecoin (BERN)、 Dogecash (DOGE)、XRPCash (XRP)などのトークンが発行されRedditやTwitter上でエアドロップ(無料配布)が行われています。

RedditでエアドロップされるSLPトークンのDOGECASH。

今回は手軽に各種BCHとSLPトークンを受け取る事ができるブラウザベースのウォレットBadger Walletを紹介します。Badger Walletをインストールする事で簡単に誰でもSLPトークンのエアドロップでトークンを受け取る事が可能になります。

Badger WalletはChromeおよびFirefoxの拡張機能として利用出来ます。ChromeかFirefoxをご利用で無い人はまずどちらかのブラウザをダウンロードして下さい。Badger Walletは現在デスクトップ版のみの対応です。

Badger Walletのウェブサイトにアクセス。
https://badgerwallet.cash/

1. Badger Walletのウェブサイトにアクセス。お使いのブラウザ名のボタンをクリックします。
2. 今回はChromeを選びました。Chromeウェブストアに自動的にジャンプします。
Chromeに追加をクリック。(Badger Walletは無料です)
3.機能拡張を追加をクリック
4.ダウンロードが終了すると自動的に機能拡張がインストールされます。
5.続行をクリック。
6.パスワードを設定します。
7.NEXTをクリック
8.ACCEPTをクリック
9.以上でおしまいです。
アカウントに紐ついたBCHアドレスとSLPアドレスが表示されます。
入手したSLPアドレスを使ってしてエアドロップを受け取りましょう。

これでブラウザの拡張機能としてBCHとSLPトークンを送ったり受け取ったりする事が出来ます。(トークンの送金には超少額のBCHが必要です。SLPトークンを送りたい場合は数十円適度のBCHをBadger Walletへ送金しておいてください。)

bitcoincash:から始まるアドレスがBCH用で

simpleledger:から始まるアドレスがSLP用になります。

BCHの他に各種SLPトークンが表示されたBadger Walletの画面。

リカバリーフレーズの保存

バックアップ用のパスフレーズの表示はマイアカウントの設定から行えます。

バックアップ用のパスフレーズの表示はマイアカウントの設定から行えます。パスフレーズを紙等に書いて保存して下さい。

2019年3月5日(火曜日)